2016年08月21日

伝統工芸の技術、繊細な手仕事のすばらしさに感動です

布の風合いと着心地にこだわる大人の服
「風月花」前田直子です


誕生日プレゼントでいただいた 「友禅文庫」の カードケース💖

自分がネットで見つけて気になっていたものをリクエストしちゃいました(笑)

image:53286

今年はお財布を新調したいな、っておもっていたのでネットで良いものないかな?とチェックして
いたのですが、そのときにこの「友禅文庫」を見つけて(わぁ、綺麗!)と惹かれました

「文庫革」という艶やかな純白の革(姫路革とも呼ばれているそうです)
に型押しされた繊細な文様、

一筆ひと筆職人の手によって彩色されている優美な色(本当に細かい!匠の技)

手にとってみると本当に美しい上質な革の手触り

上品なたたずまいにうっとりします

image:53285
※写真があまり上手く取れません。ごめんなさい、良さが伝わりにくいかも。

実物は画像で見ていたよりもっと何倍も素敵です!

今までの私のもっていた革のイメージとは違う、艶やかな質感も

文様が立体的に浮かび上がってるみたいにみえて存在感放ってます



古くから伝わる日本の伝統工芸の技術、繊細な手仕事のすばらしさを感じます💖


文庫革のこと http://fashion.pintoru.com/leather-wallet/bunko/
友禅文庫はこちらで見られます
 http://store.ponparemall.com/e-mono/category/0000000061/
(もどってきてね)


歳を重ねていくと以前にはわからなかった、ものの味わい深い魅力を
感じられるようになってきたと思います

布でいえば藍染や草木染めなんかはそうでしょうか?
革製品は好きでしたがあまり詳しくなくて「文庫革」のことも初めて
知りました

ずっと伝え継がれてきた日本人の技術に少しだけ触れました(●^o^●)
手仕事で生まれたものって本当に魅力的で心惹かれるなぁ、私。

ありがとうございます。💖
ずっと大切に使っていきます

(追記)実は昨日のこと、いつも素敵なバッグやお財布をお持ちのお客様Tさんが来店されました
お支払いのときにびっくり!文庫革のお財布をお持ちだったんです。
そんな偶然があるんですね

浅草で作られている「浅草文庫」のお財布で
そちらもとっても素敵でした💙

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
facebook https://www.facebook.com/fugekka?__nodl
風の森までのアクセス
http://fugekka.seesaa.net/s/article/427278769.html

ランキングに参加しています ↓

ハンドメイドショップランキングへ
posted by zen at 23:33| 長崎 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。