2017年04月09日

○夏服展へ向けて製作中



布の風合いと着心地にこだわって作る 風月花(ふうげっか)前田直子です

夏服展フライヤーできました
5月18日〜21日風の森モデルハウスにて
IMG_1228.PNG


現在
新しくつくるもの、今まで作っていたものを追加製作していくもの、定番のものなど色々頭をごっちゃにしながらとにかくいつものごとくひたすら(?)製作を進めていきます
(少しずつご紹介していきたいです)


そこで気づいたのですが一昨年あたりからラインがかなりゆったりしているのが
増えています
もともとゆったりのサイズも作っていたし、ジャケットの袖ぐりなどはゆとりをいれてますと初めから説明しているのですが
とにかくゆとり、ゆとり、とことさら意識がいっていたような気がして
改めて考えてみたわけです

そこで気づいたこと



「私って少し、、、
じゃなくてかなり疲れていたんだなぁ〜」



ここ数年、いろいろと心理的に辛いことも重なり(ここ数年で両親が他界してかなり
環境がかわり)
けれど落ち込んでばかりいてもダメだと思って展示会をはじめることにしたし

ネットの販売サイト、やSNSもやり始めて
改めて
どう作り込みするか、どう販売したらいいのか?私はこれでいいのか?

そもそも私が作る事に大そうな意味があるのか?

服の溢れている時代だから安くて充分なものもあるし

価値を感じない人から散々にこけおろされるし(まあ、間接的にね(^◇^;)



いろいろと心理的に追い詰められている感覚が心の何処かにずっとあった感じ




ゆったり着られる服をたくさん作るようになったのは

年令と共に女性って体型が変化していくから、あまり窮屈なものはつくりたくないなぁ、

と考えることが多くなったこともあるけれど、

自分の心や身体の感じる閉塞感のようなものが作ったものに反映されていることを

つくづく感じる



ああ本当に作るって奥深いな…






不安な思いをぶつけることが出来るひとがほとんどいない私(自分出すの苦手さん
なのでね(−_−;)



数少ない信頼できる彼女と話をしていたら


「もう、色々考え過ぎないでつくりたいもの作ったらいいんじゃない?」



「それを好き、って思ってくれるひとに手にとってもらえばいいんだし」




ああ、大切なこと忘れそうになってたね

あれこれ悩んだって自分にないものはでない

私ってただのソーイングオタク(最近ではミシンヘンタイと表現しましたが💧)

だった〜(^◇^;)



・・・・・という感じで(あら、やだ、どういう感じで?)
夏服展に向けて少しずつ製作進めています
IMG_1228.PNG
posted by zen at 14:13| 長崎 ☁| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。