2017年12月04日

頑張らない生き方


地元の講演会に行ってきました

「ホンマでっかTV!?」でもおなじみの早稲田大学教授
池田清彦先生。

ホンマでっかの中で私が1番好きな先生です(๑˃̵ᴗ˂̵)


病気のことを気にしすぎるのが1番身体(心臓)に悪い、とご自身は
健診を絶対に受けないとか。。。

「病院に行かなければ病気かどうかわからないから、行かなければいい」って

なるほど〜^_^(笑)

これをしたら身体に悪い、とかこれを食べるといい、と気にしすぎること、
つまりストレスが1番身体に悪い
自分が美味しいと思うものを食べるればいいんです〜

将来のこと考えてもしょうがないんだよ。。。

天才はバランス悪いから。天才でないことが幸せに生きられる

など、、、。

もう、1時間40分くらい、休みなくずーっと喋りっぱなしでしたが
目からウロコの話が次から次へとでてきて、面白かったです(๑˃̵ᴗ˂̵)


その中で心に残ったお話は介護に関わることでした

認知症の一つの症状とされる周辺症状
(なにかを取られた、などの妄想。興奮して暴れたり、罵ったりする。徘徊など、、、)

尊敬されているひと(そう思っている人)は出ないのだそうです

私は幼少期に両親ともの祖父母が無くなっていておじいちゃんやおばあちゃんと
過ごした記憶が少ないのですが
昔の方が高齢者を敬うことがもっとされていたのかな〜?

普通、親が認知症になったらどうしよう、困った、と考えがちですよね
そして年齢が高くなるごとに認知症の割合が高くなり

(100歳以上の高齢者6万7千人のうち健康で通常に生活できているのは2%)

90代では約6割が認知症になる

「つまり認知症でないほうが異常なんですよね〜」

と淡々とお話をされていました(^-^)


自分が常識と考えていることでも脳の仕組みや統計学など交えてお話を聴くと
とらえかた次第で常識が変わる、ことを感じましたねー

身体のことも人生にしても、まあ、心配し過ぎなくてもどうにかなるよ。
という
先生の哲学?に
近頃頑張らないで自分を褒めて行こうとしているわたしも
無理なく共感💞

87BEE234-5149-4FA9-95C1-C03DDE33C2BC.jpeg

「俺が死んだってオレは困らないから(笑)」って

ますます池田先生大好きです❤️
…………………………………………………………………

お気軽にお問い合わせください(^∇^)ご注文もできます
✉fuugekka@docomo.ne.jp

 ●インスタグラム @fugekka

●facebook https://www.facebook.com/fugekka?__nodl
 
●クリーマ店http://www.creema.jp/c/fugekka

●風の森までのアクセス
http://fugekka.seesaa.net/s/article/427278769.html
 
ランキングに参加しています ↓

ハンドメイドショップランキングへ
posted by zen at 12:00| 長崎 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。